ハウス

大切なペットと暮らすなら注文住宅がベストな選択

支払い時期をチェックする

模型を持つ人

3回程度に分けて支払う

一戸建て資金計画を建てる際は、いくらかかるかだけでなく、いつ支払うかということも大切なポイントです。住宅ローンで融資が下る以前に、払わなければならない費用も多いためです。一戸建て工事費や設計料の支払い時期と諸届けやローン手続きの時期をチェックして、お金の動きを含めたスケジュールをきちんと整理しておきましょう。茅ヶ崎の土地から購入する場合は、土地の売買契約する時に、10%〜20%の手つけ金を払います。また、契約書の印紙税などの諸費用が発生します。売買契約書には引き渡しと所有権の移転登記の時期が明記されますが、その時までに残金を用意します。融資面では、住宅金融公庫には土地だけの融資はありませんので、茅ヶ崎の土地を先に取得しておく場合は、民間ローンなどで手続きをしておく必要があります。次に、設計事務所に依頼した場合の設計料は、事務所によって支払い方法が異なるようですが、一般的には3回程度に分けて支払います。基本設計にかかる時点に手つけの意味合いで1部を払います。そして、実施設計を完成させた時点に設計作業に対する報酬を払います。また、通常は設計と共にその設計がきちんと工事に反映するかをチェックしてもらう管理業務も一緒に依頼するので、一戸建ての完成時にその管理料相当を支払います。メインとなる茅ヶ崎での建築工事費の支払いは、こちらも3回程度に分けるのが慣例です。最初に手つけ費用として工事請負契約時点に3分の1程度を払い、残りを茅ヶ崎で上棟時、一戸建て完成時などに分けて払います。